インプラント|大阪市鶴見区にある歯科 ひろすえ歯科クリニック。年中無休、今福鶴見駅から徒歩5分

大阪市鶴見区の歯科、ひろすえ歯科クリニック

0669132880

診療時間10:00~13:30 / 15:00~21:00

アクセス

インプラント

インプラントについて

インプラントについて

むし歯や歯周病、事故などで歯を失ってしまった場合、歯の外観と機能を、歯根から修復できるのが、インプラント治療です。インプラントとは人工歯根のことで、これをあごの骨に埋め込み、人工の歯を被せる方法です。

従来の入れ歯とは違って、健康な歯を削る必要もなく、固定性であるためガタついたりせず、自分の歯と同じように“食べる・話す”ことが出来るようになります。

インプラントのメリット

痛みも違和感もない自然な噛み心地

痛みも違和感もない自然な噛み心地

インプラントと顎の骨がしっかり結合するため、天然歯の状態の80%近くまで噛む力が回復するといわれています。また、入れ歯のように「グラつく」「合わなくなる」といったこともありません。

自然な仕上がりで見た目が気にならない

自然な仕上がりで見た目が気にならない

セラミック製の人工歯は、自分の歯と同じ白さに調整できるため、元々ある健康の歯と変わらない見た目で、自然で美しい口元を再現することができます。インプラントと気付かれることはほとんどありません。

周囲の歯へのダメージがない

周囲の歯へのダメージがない

歯を失った部分のみを治療しますので、ブリッジのように両隣の健康な歯まで傷つけてしまうこともありません。健康な歯に負担を強いて寿命を縮めてしまうおそれがないので、長期的に見ても安心です。

アゴの骨の吸収を防ぐ

アゴの骨の吸収を防ぐ

顎の骨は歯を支えるために存在していますので、当然歯がなくなると顎の骨はやせていきます。インプラントの場合、噛む刺激が顎の骨にしっかり伝わるので、顎の骨が痩せてしまうことがありません。

従来の治療法との違い

従来 インプラント
歯を少数本失った場合 周りの健康な歯を削ってブリッジにします。 健康な歯をまったく削ることなく、歯のない部分にインプラントを埋入します。
歯を多数本失った場合 ブリッジにできなくなると取り外しの入れ歯になります。入れ歯を固定するため、健康な歯にバネをかけます。違和感がありバネをかけた歯に負担がかかります。 歯のない部分にのみインプラントを埋入しますので、健康な歯に負担をかけません。
歯を全て失った場合 総入れ歯を作製し、歯肉との吸着力で支えています。噛む力が弱く、食べ物が内側に入って痛かったりします。 インプラントが顎の骨にしっかりと固定され、ガタつきがなく安定します。

インプラント治療の流れ

Step1 診査・診断・治療計画

インプラント治療に必要な診査後、治療が可能かどうかの診断を行います。治療可能な場合は、患者様と相談しながら治療計画を立てます。

Step2 インプラント埋入手術

歯インプラントを埋入する部位の歯肉を開き、顎の骨にインプラントを埋入します。インプラントが骨にしっかり結合するまで約3ヶ月程度待ちます。(この間、必要に応じ仮歯を入れますので、日常生活に差し支えはありません。)

Step3 人工歯の装着

歯を製作するためにお口の中の型を取ります。作成した人工歯をインプラント体に装着し完成です。

Step4 メンテナンス

インプラントの形や特徴をよく理解した上で、担当医の指導に従ってブラッシングを行い、歯垢や歯石の沈着を防ぐようにします。歯を長持ちさせるために、定期的に担当医の検診を受けることをお勧めします。

インプラントQ&A

Q治療期間はどのくらいですか?

個人差はありますが、一般的に2ヶ月から4ヶ月程度です。インプラントを埋入する部位にもよりますので、担当医にご相談下さい。

Q費用はどのくらいかかりますか?

インプラント治療は現在保険治療が行えません。使用する本数や種類などによって異なりますので、詳細は担当医にお尋ねください。

Q治療はだれでも受けられますか?

顎骨の状態により、インプラント埋入できない場合があります。
また、妊娠中の方や全身疾患のある方などは制限される場合がありますのでご相談ください。

Qインプラントに寿命はありますか?

患者様のお口の衛生状態により変わりますが、お手入れをすれば長持ちします。逆に手入れが悪いと寿命が短くなる場合があります。長持ちさせるためには、しっかりとブラッシングし、医師による定期健診でチェック、及びメンテナンスが必要です。