審美歯科・矯正歯科|大阪市鶴見区にある歯科 ひろすえ歯科クリニック。年中無休、今福鶴見駅から徒歩5分

大阪市鶴見区の歯科、ひろすえ歯科クリニック

0669132880

診療時間10:00~13:30 / 15:00~21:00

アクセス

審美歯科・矯正歯科

審美歯科について

審美歯科について

むし歯や歯周病になったり、歯が抜けてしまったら、最低限の治療をしなければなりません。

これらを扱うのは一般の歯科治療になりますが、歯が黄色くなって見た目が悪い、矯正治療するほどではないが、少しは歯並びが気になる、つめものをしたが金属が目立つなどの悩みに対して、『病気を治す』だけでなく『機能も見た目もより良く』するのが、審美歯科治療です。

口元を美しくすることは、お顔全体の印象を変え、自信にもつながります。

審美補綴治療

  • 笑った時に見える銀歯が気になる
  • 以前入れたプラスチックの前歯が変色してきた
  • 銀歯の金属アレルギーが怖い
  • どうせ治療するなら白く綺麗な歯にしたい

インレーやクラウン、ブリッジなどを用いて、むし歯などで大きく傷ついた歯を修復したり、歯周病などが原因で不幸にも歯を失ってしまったときに、人工的な素材を使って歯の形態や歯ならびを復元し、見た目、発音、咀嚼などの機能を回復させる治療のことを補綴治療といいます。

■修復物の種類
インレー・・・小さなむし歯の治療を行う際に、虫歯の箇所のみを削り取った後、その部分に詰める修復物です。
クラウン・・・比較的大きな虫歯を治療したあとや、根管治療を行った後に装着する、歯の形をした修復物です。
ブリッジ・・・歯を失ってしまった場合に、両隣の歯を削り土台にして、人工の歯で橋を架けるような形にした修復物です。

セレック

セレック

当院では補綴治療にセレックシステムを導入しております。
セレックシステムとは、医療先進国ドイツからやってきた、「コンピュータでお口の中を3D撮影し、設計したデータを受けた機械が正確な被り物を削り出す」最先端の歯科医療機器です。
歯科技工所に依頼することなく、コンピュータを使って修復物を作製することが可能な為、一般的な修復物よりも経済的かつ治療時間も約1時間と非常にスピーディーです。

セレックページへ

ホワイトニング治療

  • 結婚式などで人前に立つ時に、歯の着色が気になる
  • 営業や接客の仕事をしているのに歯が黄ばんで清潔感がない
  • 歯が黄ばんだりくすんだりして、老けた印象をもたれる
  • 白い義歯を入れた際に、周りの歯が着色していて目立つ

ホワイトニング治療

食べ物による着色汚れや、喫煙、嗜好品(ワインや珈琲)、加齢などによって、黄ばんだりくすんだりした歯には「ホワイトニング」がおすすめです。笑顔に自信を持ちたい方におすすめの審美メニューです。
ホワイトニングには「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の2種類があり、「オフィスホワイトニング」では歯科医院で歯科医師によって治療が行われ、「ホームホワイトニング」では患者様ご自身がご自宅で治療を行います。

ホワイトニングページへ

矯正歯科について

矯正歯科について

歯が不揃いだったり、上下のアゴの歯ならびがお互いに噛み合わない状態を、医学的には「不正咬合」と呼びます。
矯正歯科とは、これらの不正咬合をきちんと噛み合う状態、きれいな歯ならびにする歯科治療です。
しかし、正常な咬合にするために、歯を削ったり、抜いて「差し歯」にすることは、基本的にはありません。
専用の矯正装置を用いて、歯やアゴの骨に力をかけてゆっくりと動かし、歯ならびと噛み合わせを時間をかけて治していきます。
不正咬合の主な症状は、出っ歯、受け口、開咬、乱ぐい歯、反対咬合などがあります。

不正咬合を放置することのデメリット

歯並びや咬み合わせは、全身の健康状態にも影響をもたらすとても重要な機能です。歯並びや咬み合わせの問題を放置していると以下のようなトラブルにもつながります。

デメリット1 虫歯・歯周病になりやすい

歯並びや噛み合わせが悪いと、歯ブラシの届きにくい場所が出来てしまい、食べ物の残りカスが溜まりやすくなります。そうすると、口内環境を清潔に保つことが難しくなり、虫歯や歯周病を引き起こす原因になる場合があります。

デメリット2 肩こりなどの全身疾患の原因になる

噛み合わせやあごの位置は、顔まわりや首・肩の筋肉の緊張状態にも影響を及ぼします。そのため噛み合わせが悪いと、正しい姿勢を保てなくなるため、体全体のバランスを崩れ、余計な部分に負担がかかり、肩こりや腰痛などの全身症状につながります。

デメリット3 消化器官への負担をかけてしまう

噛み合わせが悪くなると噛む力が弱まり、咀嚼の効率も悪化します。その分食べものの消化を胃や腸がカバーしなくてはならなくなります。その結果、消化器官に大きな負担がかかってしまいます。

デメリット4 きれいな発音ができない

歯並びや噛み合わせが原因でお口をしっかり閉じることができないと、滑舌が悪くなる恐れがあります。お口から息が漏れてしまうため、歯擦音と呼ばれるサ行が発音しにくいほか、タ行やラ行も上手く発音できなくなります。

大人の矯正と子供の矯正

大人の矯正について

大人の矯正について

大人の方の場合、やはり矯正装置を付けているのが恥ずかしいという思いが先立ち、なかなか実行できないという方が多いようです。
ですが、最近では上記のように付けていても目立たない矯正装置があるので、是非、実行してみてはいかがでしょうか。方法についてはカウンセリングの際に、ご相談ください。

子供の矯正について

子供の矯正について

お子さまの矯正については歯の生え変わりや成長が関わってまいりますので、矯正を始めるタイミングがあります。そのため、今すぐ矯正したいと思っても難しいケースもございますが、お子様の将来の歯並びなどに不安でございましたら、当院にご来院いただきご相談ください。