• ご予約優先制

  • 06-6913-2880

  • 診療時間

  • 午前:10:00~13:30
    午後:15:00~21:00

小児歯科

小児歯科について

小児歯科とはお子様を対象とした小児期特有の歯科診療でむし歯治療、むし歯予防などを行っております。
お子様の歯の治療に対する恐怖、痛みに少しずつ慣れていけるように無理をせずに段階を踏んだ治療を行います。
将来の歯並びなどに不安をお持ちの保護者の皆様と共に、乳歯時期からの健康管理のサポートを行います。

お子様の歯で気になることはございませんか?

  • 歯に黒い穴があいている
  • 冷たいもの、温かいもので歯がしみると言っている
  • 子供の歯並びが気になる

乳歯がむし歯だと永久歯にも影響します

乳歯のむし歯を放っておくのは危険です。お口の中に特定の細菌が多いと、永久歯がむし歯になるリスクは通常よりも高くなります。特に生えたての永久歯は歯質が柔らかく、歯の表面の溝も深いため、むし歯になりやすい状態です。
乳歯の段階から、積極的に歯科医院を受診し、細菌の少ないお口の環境を維持しましょう。

子供のむし歯の原因とは

歯みがきが上手くできない

まず「歯みがきが上手くできない」ことが考えられます。きちんと歯の汚れ(プラーク)を落とすには正しい歯のみがき方を覚えなければいけません。
子供の場合その技術が未熟なため、みがき残しがでてしまい、むし歯の原因となってしまいます。

乳歯のエナメル質や象牙質が薄い

乳歯は永久歯に比べてエナメル質も象牙質も薄いという点も挙げられます。乳歯は永久歯に比べエナメル質や象牙質が半分ほどの厚みしかありません。そのため、むし歯菌による浸食が大人よりも早く、むし歯が進行しやすいという特徴があります。

食べカスが溜まりやすい

乳歯は食べカスが溜まりやすいという原因もあります。 乳歯は永久歯と比べ溝が多く深いため食べカスが溜まりやすく、みがき残しが多くでてしまうため、むし歯菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

当クリニックでの予防方法

乳歯はどうせ抜けるから大丈夫など思っている方はいませんか?乳歯は永久歯に生え変わるための重要な役割を果たします。このように大切な役割がある乳歯を、むし歯のまま放置しておくことは、将来の成長に大きく影響を与えてしまう可能性を秘めています。
その為子供の間に定期検診をしっかり受け、むし歯を予防するための処置を行いましょう。

むし歯に強い歯を作るフッ素塗布

「フッ素」とは、歯質を強化する性質を持った物質です。 3〜6ヶ月毎定期検診の際に、高濃度のフッ素を直接歯に塗るフッ素塗布をおこなうことで、お子様の歯をむし歯にならないように強くします。

歯を削らず予防するシーラント

シーラントとはむし歯になりやすい奥歯の溝に、あらかじめ詰め物(フッ素入りのプラスチック系のレジン)を施して、むし歯を防ぐ方法です。
乳歯から永久歯に生え替わったタイミングで治療すると効果的です。

お子様の歯並びで
お困りではありませんか?

小児から成人まで、矯正治療はどの年代にも対応しています。ただ、小児期は顎の骨や筋肉が成長段階にあり、より歯が動きやすく痛みや費用、時間などが抑えられるのがメリットです。そのため、少しでもお子様の歯並びが気になったら、一度当クリニックまでお問い合わせください。早めにご相談をいただければ、適切な時期に矯正治療を提案できます。