• ご予約優先制

  • 06-6913-2880

  • 診療時間

  • 午前:10:00~13:30
    午後:15:00~21:00

審美補綴治療

審美補綴治療について

むし歯や歯周病になったり、歯が抜けてしまったら、最低限の治療をしなければなりません。

これらを扱うのは一般の歯科治療になりますが、歯が黄色くなって見た目が悪い、矯正治療するほどではないが、歯並びが気になる、詰め物をしたが金属が目立つなどの悩みに対して、『病気を治す』だけでなく『機能も見た目もより良く』するのが、審美治療です。

口元を美しくすることは、お顔全体の印象を変え、自信にもつながります。

審美補綴治療はこんな方にお勧めです

  • 笑った時に見える銀歯が気になる
  • 以前入れたプラスチックの前歯が変色してきた
  • 銀歯の金属アレルギーが怖い
  • どうせ治療するなら白く綺麗な歯にしたい

審美補綴治療のメリット

歯垢など汚れがつきにくいため
むし歯になりにくい

セラミックやジルコニアは汚れが付きにくいのが特徴です。また、経年劣化も起きにくく、長期間利用しても、歯と補綴物との間に隙間が生じにくい傾向があります。そのため、菌が侵入しにくいことから、むし歯の再発リスクを抑えられます。

目立ちにくく自然な見た目

天然歯に近い色合いを実現できるので、見た目の違和感を抑えられます。治療した歯を他の人から気づかれる心配がないため、食事や会話などの時にストレスを感じることがありません。

金属アレルギーの心配がない

当クリニックは「メタルフリー治療」に重点を置いています。これは銀歯などの金属をできるだけ使わない治療法です。セラミック・ジルコニア・レジンなどの白く綺麗な素材を使うことで、金属アレルギーのリスクを最小限に抑えられます。

当クリニックの
審美補綴治療の特徴

セレックシステムで
短期間での治療が可能

セレックシステムでは「短期間」「高品質」「低価格」の実現が可能です。

セレックシステムでは「スピーディー」かつ「リーズナブル」に白く美しい詰め物・被せ物を製作できます。もちろん事前に治療をしっかり行って、土台を整えることが前提ですが、今までは難しかった様々なご要望に対応できるようになりました。特に仕事や家事で忙しく、来院回数を抑えたい方にセレックシステムはお勧めです。

専用のスキャナで型取りの
不快感を軽減

セレックシステムやCAD/CAMを利用する際は、専用のスキャナを使用して型取りを行っていきます。従来のように、冷たいシリコン素材をお口の中に入れる必要がありません。お口の中を撮影するだけなので、時間もほんのわずかです。
型取りの際の嘔吐反応がつらかった患者様も、快適に治療を受けていただけるようになりました。

保険適用でも白い被せ物を
作製する事が可能

「保険適用で白い歯にしたい」「以前治療した銀歯を変えたい」そのようなご要望をお持ちの方にお勧めなのが、CAD/CAM冠(キャドキャム冠)です。CAD/CAM冠は、レジン(歯科用プラスチック)とセラミックを配合した「ハイブリッドセラミック」でできています。外から見ても天然歯に近い色合いなので治療をしたと気づかれる心配もありません。このCAD/CAM冠は一部の歯に限り、保険で白い被せ物を製作することができます。

料金について

保険適用で白い補綴物を作製できます

当院では、CAD/CAMシステム(セレックシステム)により保険適用でも白い詰め物、被せ物を作製することが可能です。
従来は、保険適用が限られていましたが現在では、ほとんどの歯に適用することが可能になりました。
まずは、当院へご来院いただき担当歯科医師までご相談ください。


  • 審美補綴治療のデメリット

    • 強い力が加わると割れる可能性がある
    • 自費診療の場合があるため費用がかかる