一般歯科・小児歯科|大阪市鶴見区にある歯科 ひろすえ歯科クリニック。年中無休、今福鶴見駅から徒歩5分

大阪市鶴見区の歯科、ひろすえ歯科クリニック

0669132880

診療時間10:00~13:30 / 15:00~21:00

アクセス

一般歯科・小児歯科

一般歯科について

一般歯科について

一般歯科とは、虫歯の治療をはじめ歯周病の予防と治療、歯の欠損部を補う治療の事をいいます。
保険の範囲内で行われる治療が多いことから、保険診療=一般歯科という方もいらっしゃいます。
まずは現在のお口の状況をくまなく検査し、患者様一人一人に合った最善の治療計画をご提案し、ご納得いただいた上で治療を行ってまいります。

虫歯治療

虫歯には様々な原因がありますが、一番の要因は口の中の微生物が食べ物の残りカスなどから酸をつくり、その歯を溶かしてしまうことによって虫歯になります。 虫歯は自然になおることはなく、永久歯が虫歯になってしまうと二度と元には戻りません。
その為早期発見・早期治療が重要となります。

虫歯の段階と治療法

C0 最初期

歯の表面を覆うエナメル質が少し溶け出し、白く濁っている状態です。

■治療方法
適切な歯みがきや、フッ素塗布などによって進行を防ぎます。

C1 初期

歯の表面のエナメル質が溶け始め、歯の表面が黒くなりますので、歯をチェックしている場合はこの段階で気付きます。

■治療方法
虫歯を削ってレジンなどの修復材を詰めます。麻酔を使わなくても痛みを感じることはありません。

C2 中期

エナメル質の下の象牙質まで虫歯が進行している状態です。象牙質に進行すると、甘い物や冷たい物がしみたりと自覚症状が現れはじめます。

■治療方法
虫歯の部分を削り、金属やセラミックなどの詰め物か、被せ物をして保護します。

C3 後期

虫歯が象牙質を破壊し、神経にまで達した状態です。神経が侵されているので、激しく痛みがあります。

■治療方法
被せ物を装着するのが一般的で、歯の神経を取り除く治療が必要となる場合があります。治療に麻酔を使用することも多いです。

C4 末期

虫歯により健康な歯の部分がほとんどなく、歯の根まで虫歯が進行して化膿している状態です。神経が壊死しているため痛みはなくなりますが歯根先端が化膿すると激痛が走ります。

■治療方法
治療のほとんどの場合が抜歯となります。抜歯後はインプラント、ブリッジ、入れ歯などで欠損を補います。
虫歯の予防法

虫歯の予防法

・セルフケア・・・虫歯予防のためのセルフケアで最も重要となるのが歯みがきです。歯ブラシだけではなく、デンタルフロスや歯間ブラシも活用しましょう。

・プロフェッショナルケア・・・歯科医によるプロフェッショナルケアです。専門的な口腔ケアにより、歯磨きの際の磨き残し等による虫歯の進行を防ぎます。

・間食の制限・・・間食すれば常にお口の中に虫歯菌の餌があることになります。砂糖を含む食べ物の摂る頻度を抑えることで、虫歯ができにくい口内環境作りを心がけましょう。

歯周病治療

歯周病は歯の表面に付いた歯垢の中のバクテリアが、歯と歯ぐきの境目から侵入し、歯を支えている組織に炎症を起こしながら次々に破壊し、ついには骨まで溶かしてしまう病気です。成人の80%が患っていると言われており、悪化すると歯を失うことにもなります。
この病気はかなり症状が進むまで痛みを伴わないので、早めの治療と予防を心がけるのが最大の回避策です。

歯周病の治療方法

ブラッシング指導

虫歯や歯周病の予防の基本は毎日のブラッシングですが自己流のブラッシングでは、汚れを残してしまいがちです。歯並びや磨き方のクセなどを考慮して、より効果的なブラッシング方法をお教えします。

スケーリング・ルートプレーニング

歯と歯ぐきの深い溝(歯周ポケット)の中に専用の器具を入れ、プラーク(歯垢)や歯石を取り除きます。仕上げに歯根面をなめらかにみがいて、汚れの再付着を防ぎます。

フラップオペレーション

重度の歯周病の治療には、歯ぐきをあけて、歯石を除去したり、骨の量を増やすための外科処置が必要となります。
歯周病と全身疾患

歯周病と全身疾患

歯周病は、歯がグラグラしてきて抜ける「歯の病気」です。しかし最近、歯周病と全身的疾患との関係が指摘され始めてきました。
・肺炎・・・寝たきりやご高齢で抵抗力が落ちていると、口腔内に大量の歯周病菌が発生し、肺炎を発症することがあります。
・糖尿病・・・糖尿病が悪ければ歯周病は治らず、歯周病がよくなければ糖尿病は治らないといった関係性があります。
・心臓発作(心筋梗塞)・・・歯周病菌の一種に、血栓(血のかたまり)を作る作用があることが証明されており、それが心臓の血管を詰まらせ心臓発作を引き起こすとされています。

歯周病の影響は、お口の中だけでは無いのです。悪化しないうちに、ぜひ当院までご相談ください。

小児歯科について

小児歯科について

小児歯科とはお子様を対象とした小児期特有の歯科診療で虫歯治療、虫歯予防などを行っております。
お子様の歯の治療に対する恐怖、痛みに少しずつ慣れていけるように無理をせずに段階を踏んだ治療を行います。
将来の歯並びなどに不安をお持ちの保護者の皆様と共に、乳歯時期からの健康管理のサポートを行います。

子供の虫歯の原因

歯みがきが上手くできない

まず「歯磨きが上手くできない」ことがいえます。きちんと歯の汚れ(プラーク)を落とすには正しい歯の磨き方を覚えなければいけません。
子供の場合、その技術が未熟なため磨き残しがでてしまい、虫歯の原因となってしまいます。

乳歯のエナメル質や象牙質が薄い

乳歯は永久歯に比べてエナメル質も象牙質も薄いという点も挙げられます。乳歯は永久歯の比べエナメル質や象牙質が半分ほどの厚みしかありません。そのため、むし歯菌による浸食が大人よりも早く、虫歯が進行しやすいという特徴があります。

食べカスが溜まりやすい

乳歯は食べカスが溜まりやすいという原因もあります。 乳歯は永久歯と比べ溝が多く深いためカスが溜まりやすく、磨き残しが多くでてしまうため、むし歯菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

予防法のご紹介

乳歯はどうせ抜けるから大丈夫など思っている方はいませんか?乳歯は永久歯に生え変わるための重要な役割を果たします。このように大切な役割がある乳歯を、虫歯のまま放置しておくことは、将来の成長に大きく影響を与えてしまう可能性を秘めています。
その為お子さまの間に定期健診をしっかり受け、虫歯を予防するための処置を行いましょう。

虫歯に強い歯を作るフッ素塗布

■虫歯に強い歯を作るフッ素塗布
「フッ素」とは、歯質を強化する性質を持った物質です。 3〜6ヶ月毎定期健診の際に、高濃度のフッ素を直接歯に塗るフッ素塗布をおこなうことで、お子様の歯を虫歯に強いものにします。

歯を削らず予防するシーラント

■歯を削らず予防するシーラント
シーラントとは虫歯になりやすい奥歯の溝に、あらかじめ詰め物(フッ素入りのプラスチック系のレジン)を施して、虫歯を防ぐ方法です。
乳歯から永久歯に生え替わったタイミングで治療すると効果的です。